るつぼを作る(研究編#9)

今回は、thaumcraftで追加されるアイテムである、「るつぼ」を作ってみたいと思います。


以前、持っているだけでvisが徐々に増えていく便利なアイテムがあることをお伝えしましたよね。
「オーラのお守り」とでも訳しておきます。

このレシピの中央にある、見たことのない謎のアイテムの製法がこちら。


右のページに写っている鍋のような入れ物が、るつぼです。
簡単に言ってしまうと神秘の作業台の別種みたいなものですかね。

とりあえずその「るつぼ」を作成します。

大釜に向かって杖を振るだけなので作るのは簡単です。

なんだか禍々しい見た目になりましたね。

そしてここから色々とアイテムを作り出していくわけですが、まだ準備が終わっていません。

実はこのるつぼ、下から何かで熱する必要があるんです。


拠点がほとんど木造なので燃え広がって全財産を失わないように地下室を増設します。


これぐらいの広さがあれば十分ですかね。


下から熱する方法ですが、せっかくこの前ネザーに行ってきたのでネザーラックを使ってみます。
ネザーラックはネザーの大部分を占めているブロックで、一度火をつけると消えないという特徴があります。
このブロックをるつぼの下に設置し、火をつけておくわけですね。


セッティング完了です。
るつぼの中の水が沸騰しているのがわかりますね。

とりあえず、よくわかりませんがレシピ通りこの黄色い結晶を投げ込んでみます。

 


…ん、? 何が起こってるんだ?

 

 

って… うわあああああああああああ?!?!

謎の紫色の液体が溢れ出てきました。
失敗してしまったみたいです…

このあと何度か試行をしたのですが、全て失敗に終わりました。
根本的に使い方が間違っているかもしれない。というわけでwiki先生のお世話になることに。

すると、使い方を完全に間違っていたということが判明。


このレシピ、るつぼの中に書かれている分量の根源相を集め、集め終えたのち、最後に黄色の結晶を投げ込む。という意味らしいです。

どのように根源相を集めるのかというと、根源相を含むアイテムをるつぼの中に投げ入れればいいとのこと。

例えば、上のレシピでは空気の相以外の全ての根源相が必要だということがわかりますよね。
試しに、大地の相と無秩序の相で構成されている丸石ブロックを投げ込んでみます。

するとこのような表示が。
るつぼの中に無秩序の相と大地の相が存在してるということですね。


次に、サトウキビを投入します。
これで水の相を確保です。


このあと、先ほど使ったネザーラックで炎の相を、シルバーウッドの木材を使って秩序の相を確保し、必要な相が全て揃いました。
というわけで、最後のアイテムである黄色の結晶を投げ込みます。


すると、ポンっとお目当のアイテムが飛び出してきました。
やっとのことで完成させることができました。
これがるつぼを使うときの一連の流れみたいですね。


さて、必要なアイテムも揃ったので「オーラのお守り」を作ってしまいます。


と思ったんですが、visが足りませんでした。
神秘の作業台にアイテムを入れて見たところ、杖に蓄えておけるvisが一種類につき25であるのに対し、なんとこのアイテムを作るには全種類26.25必要らしいのです。


杖の詳細を見てみるとわかりますが、105% vis costと書かれていますね。
杖の種類によってはレシピに書かれたvisの量よりも多くのvisが必要になる場合があるみたいです。


オーラのお守りは魔法の杖をアップグレードしていかないと作れそうにないですね…
せっかく材料は揃ったのに残念です。
また後日ということで…
 

 

 
ランキング参加中です。
どちらもクリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ





〈Sponsored Link〉


“るつぼを作る(研究編#9)” への2件の返信

  1. はじめまして^^
    毎回楽しく拝見させていただいております。
    るつぼ、煮詰めすぎたりすると
    有害なフラックスが発生するので
    汚染に気を付けてくださいね

    1. 初めまして、いつも見てくださってありがとうございます!
      フラックスについて色々と調べてみて驚きました。
      今後は汚染に気をつけてるつぼを使っていきたいと思います。
      教えてくださってありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA