魔法使いの防具を作る(研究編#10)

今までずっと裸のまま遊んでいましたが、ついに装備を作成します。鉄装備とかはやっぱり味気ないと思うので、thaumcraftで追加されたものを作りたいと思います。


そのために作るのはこちら。
「魔法の布」です。

実はこの「魔法の布」ですが、いつもやっているような硏究のパズルをする必要がありません。
クリックすることによって、上に書いてある合成相を消費するだけで研究内容を入手することができるという種類のものです。
数はそんなに多くないと思いますが、合成相を使うだけで作れるようになるアイテムも少しありますので、時間があるときにまとめて作ってしまおうと思います。


詳しく見てみるとこんな感じ。
蜘蛛の糸と羊毛(色は自由)を組み合わせ、各根源相を1つづつ消費することによってクラフトすることができます。


そして作成した魔法の布で上の3種類の防具を作成することができるとのこと。
説明を読んでみると、防御力は革の防具と同じだが、比べ物にならないほど耐久値が高いとのこと。
神秘の作業台でのvisの消費量を減らすことができるという性能もあるみたいです。
一気に作ってしまいます。

 

しかしここで問題発生。(毎回何かしらの問題が発生してる気がしますが…)

絶望的なほど蜘蛛の糸が足りませんでした。
必要な個数を計算してみると、

1つの魔法の布につき蜘蛛の糸が4つ必要
全ての防具を揃えるために魔法の布が19枚必要。
ということで、4×19で76個の蜘蛛のが必要だということがわかりました…

夜中に狩って回ろうかと考えたんですが、途方も無い時間がかかりそうだということで、蜘蛛スポナーを使うことに。
実は以前、採掘場の建設を少し進めているときにたまたま廃坑を掘り当て、そのまま探索していたら蜘蛛スポナーを発見したんですよね。
壊さずに置いておいたのですが役に立つ時がきました。


いずれトラップタワーのようなものをしっかりと作りたいとは思いますが、今回はそんなに必要量が多くないので松明を壊してスポーンしたのを順番にバッサバッサと倒していくという方針でいきます。


30分ぐらい倒し続け、やっとの事で蜘蛛の糸を76個集め終わりました。
これで全ての防具が揃うはずです。

 


というわけで作成です。
本来なら根源相の必要量が1のところが0.95になっていますが、これは金の杖にアイテム作成時のvis消費量を95%にするという効果があるためです。


蜘蛛の糸をぴったり全て消費して魔法の布を19枚作成しました。

 


そしてそれぞれの防具を作成です。
ここでもいくつかの種類のvisが必要になってきます。

 


じゃーん。

随分と怪しげな風貌ですね。

 

 
ランキング参加中です。
どちらもクリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ





〈Sponsored Link〉


“魔法使いの防具を作る(研究編#10)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA