行き詰まったゴーレム研究(研究編#14)

今回の記事で実際にゴーレムを作成し、わーいゴーレムちゃん可愛い〜って言い続けるだけの記事を書くつもりでいたのですが、ゴーレム作りがそんなに簡単では無いということが判明しました。


こちらはゴーレム術のページの初期状態です。
暗くてわかりにくいですが、左上にある項目が前回作ったハングリーチェストです。


前回のハングリーチェストの研究を終わらせたことで本命のゴーレムの研究がアンロックされました。

最初のゴーレムは麦わらでできているみたいですね。
ゴーレムの材質もアップグレードすることができるようです。

 


こちらは研究ノート。
最初に比べてかなり複雑になってきました。


久しぶりでしたがなんとかクリアです。

 


麦わら製のゴーレムを作ったことによって様々な研究項目が解除されました。

まずはこちら、
ゴーレムコアというものらしいですが、このコアをゴーレムに取り付けることで、収穫をしたり、アイテムを回収したりなどといった動きをさせることができるようです。
逆に、このコアがないとせっかくゴーレムを作ったとしても全く動かないとのこと。


お次はこちら。
ゴーレムを動かす時に用いられる専用の杖のようなものらしいです。


ちなみにこれがゴーレム本体の材料のアップグレードです。
麦わらの次は木製ですね。
いずれは鉄製なども登場するんでしょうか?


こちらがゴーレム作りのレシピになります。
以前、オーラのお守りを作成するために使ったるつぼをまた使うことになりそうです。
未だに使い方がよくわかっていないのですが、前回学習ことから考えると、レシピに書かれている合成相が含まれているアイテムをるつぼに入れる必要があります。
今回の場合だと、人の相、動作の相、そして魂の相になります。

ちょっとアイテムボックスをのぞいてみたんですが、なかなかそのアイテムを構成している相を探すのは大変なので、結局wiki先生のお世話になることに。

人の相と動作の相が含まれているアイテムは比較的簡単に集められそうだったのですが、魂の相が問題で、ソウルサンドやガストの涙に含まれているということでした。

ゴーレム作りの前にまずはネザー探検が必要みたいですね…
 

 

 
ランキング参加中です。
どちらもクリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ





〈Sponsored Link〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA